2020年6月17日に分析した事例をご紹介します。
大阪府の卸売業様よりご発注いただきました溶出試験25項目の案件です。

日時 2020/6/17
業種 卸売業
発送場所 大阪府
分析検体種類 汚泥
分析項目 25項目
一言メモ 溶出試験は、検体から有害物質がどれだけ水に溶け出すかを調べる分析です。日本では現在、産業廃棄物のほとんどが最終的には埋立処分となります。土に埋め立てる性質上、雨水等の影響を受けるため、水を媒介して汚染を広げる可能性があります。そのため各項目の溶出量を基準値と比較し、汚染の可能性の有無(強さ)を確認し、受け入れの可否を判断することになります。

溶出試験25項目のご注文

溶出試験25項目の類似のご注文はこちらからお気軽にご連絡ください。

産業廃棄物溶出試験25項目
産業廃棄物溶出試験25項目+水銀(含有量)

溶出試験25項目のお問い合わせ・お見積依頼

溶出試験25項目のお問い合わせ・お見積依頼はこちらからどうぞ。キャンペーン中につき、QUOカードを御見積書原本の発送の際にプレゼントしています。